店の広告である看板とその技術

新規でお店をだそうと考えている人にとっては店の顔ともいえる看板が一番大切といっても過言ではありません。
何気なく歩いていても目立つものには目をとめてしまいます。
企業を運営していく中で人件費に続く、もしくはそれ以上にお金がかかる広告費ですが、それも大きな広告だと考えられます。
たとえば窓ガラスなどにシールを張っていくものであれば一昔はカッティングシートといって職人が一つ一つ文字やロゴを切り出していったものです。その結果時間や費用もとても掛かりました。さらにカッティングシートは色なども既定の色しかなかったので微妙なニュアンスの色合いや複雑なロゴとなるとさらに費用が掛かりました。
しかしながら現在は印刷技術も進みプリンターによる印刷で自由自在な色や形を演出できるようになりました。その結果複雑な曲線などが入り乱れたロゴなどもパソコンでデータ化さえしてあれば簡単に印刷されます。
またシール素材であるために窓以外にも張り付ける事が可能です。
たとえばジャンボジェット機や公共交通機関のバスや電車などに企業の宣伝が張り付けられているのがあります。これもプリンターでシールを作成してフィルムしてつくられています。
このようにシール素材のものは比較的安価に自由なものを作成することができます。
また看板は先述したとおり目立つようにして通行人や興味のない人にでも目が付くようにする必要があります。たとえば夜間でも目立つようにライトアップをするといった具合に。
ライトアップをすることで暗闇でもはっきりと目に留まるのですが、この電球も進化を遂げています。
数年前まではこのライトアップにハロゲン球を用いるのが主流でした。球によってはとても明るく現在でもビルの上の看板などを照らして遠くからでも見えるようにしたい場合にはこちらが用いられることが多いです。しかしながらこのハロゲンのデメリットとして電球の交換が必要な事です。つまり球切れをおこしてしまうので取り換えなどのメンテナンスに費用が掛かってしまう事です。また電気代も明るさに応じて高くなっていくという事で小さな企業にはコスト的に避けたいものです。
そこで現在はあまり遠くから目立つ必要のない場合等にはLED電球が用いられるようになりました。ご存じの通り球切れの心配がなく電気代もハロゲン球にくらべると非常に安価なもので小さな個人商店などはこちらが主流となっています。
このように店の広告を支える技術も日進月歩で進化していっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*